NewStoory FUKUYAMA > 求人情報 > 世界へ > 広島かきと沖縄もずくの占部水産で管理者の正社員募集
  • Stoory
  • 世界へ
  • 食にまつわる

広島かきと沖縄もずくの占部水産で管理者の正社員募集

広島かきの美味しさを伝えるため、共にチャレンジを支えてくれる仲間を迎えたい。

占部水産は、福山市一文字町で創業50年以上、変わらぬ品質を送り届けている食品加工会社です。広島かきや沖縄もずく原料とした加工品、冷凍食品などを製造しています。

殻付き牡蠣や生かき、冷凍かきに大粒のカキフライなど、広島かきが長年に渡って占部水産の信頼と継続を積み重ねています。

その信頼は時間の経過とともに積み重なっており、現在全国のスーパー各所や全国の食品会社との取引の他、一部海外への出荷も始まっています。質、味、供給の最適化に取り組み続けているからこそですね。

創業50年以上となる占部水産。創業当時は福山市でも牡蠣を生業とする方たちが多くおられたそうです。しかし、時代とブランド化の流れから事業として形にできた企業は福山では数えるほどとなり、占部水産は牡蠣の事業化に成功したと言えるでしょう。とはいえ、牡蠣のシーズンは秋冬なので春夏の間会社をお休みするわけにはいきません。そこで設備を活かすことで沖縄もずくを新しい軸として事業化をされています。今後も自社工場を活かして形にできる食品があれば対応可能とのことでした。

創業から今に至るまでに培われた経験を元に、占部水産は次のステージに進もうとしています。それは、広島かきの美味しさを伝える新しい土台を作り上げていくこと。

広島かきは、広島県に住んでいると”冬が旬”のイメージがありますよね。私も驚きましたが、実は春も美味しさを秘めているそうです。シーズン終盤の収穫時期、広島かきの大きさはピークを迎え、圧巻の肉厚と芳醇濃厚な味わいがあることはあまり知られていません。

さらに、冬の間に収穫した大量の広島かきは、占部水産の工場内で厳正な管理の元で冷凍保存されているのですが、実は夏のシーズンにも広島かきを出荷することは可能です。広島県では夏に牡蠣を食べるイメージはあまり無さそうですが、国内外からの依頼をみるとシーズン問わず美味しい牡蠣を食べたいという声で夏の需要も高まっているとか。

そこで、占部水産としては生産管理の体制をもっと高めていくことで、一年を通じて求められ続ける広島かきの在り方を作っていこうとされています。

この経緯から、今までの占部水産には無かった管理者を育てていきたいという意向が強まり、今回の人材募集へとつながりました。

占部水産の仕事をお勧めしたい方

占部水産での業務は、広島かきと沖縄もずくの工場内で全国に発送する商品の生産管理になります。ですので、全国に信頼ある商品を供給し続け、品質向上を担う適正が求められます。

  • 安定した企業で勤めたい。
  • 責任ある仕事を全うしたい。
  • 考える仕事をしたい。

占部水産の給与について

占部水産の規定給与は月給 193,000円 ~ 260,000円です。能力に応じた幅がありますが、今回の人材募集は工場内の生産管理ができる責任者を育成したいという目的があります。

現場での経験値が必須ですが、工場内で最も責任のある立場になり得る方を求めておられますので、その点を考慮した年収を目指せる環境になっています。どの位を目指せるのか具体的にお聞きしましたが、大手と遜色ないと思います。

占部水産の事業内容

・広島かき

占部水産では、長年に渡る品質を守り続けている生産者とのつながりを大切に続けています。

牡蠣は広島というイメージがありますが、その背景には450年にも渡る先人たちの努力があるそうです。実に国内の牡蠣の65%は広島産とのこと。広島かきは広島県を7つの海域に分け、最も綺麗な海域を”清浄指定海域”としています。清浄海域で育った牡蠣は生食に適しており、占部水産では江田島、能美島、倉橋島周辺の清浄海域で養殖された牡蠣だけを取り扱っています。

瀬戸内の穏やかな海域だからこそ、牡蠣の成長リズムと合致しており、餌となるプランクトンが豊富で安定した生産と品質を保つことができている恵まれた養殖場です。収穫した牡蠣は占部水産の工場で仕分け、選別が行われ、生食、冷凍、加工品などとして私たちへと届けられます。

・沖縄もずく

沖縄もずくの事業については、私たちが一般的に知っているもずくは”太もずく”といってシャキシャキとした歯ざわりが特徴的です。国内の90%以上はこの太もずくだそうです。でも、もずくの中にも希少で美味しい”細もずく”という繊維が細くてぬめりが強い種類があります。なんと国内もずくの生産量の中でも数%程度だそうです。細もずくは一般的な太もずくと比べると手間がかかる貴重な食品と言われています。

もずくの養殖は掃除に始まり掃除に終わると言われるほど、養殖中に藻や海洋生物が棲み着くため、念入りな管理が必要とされています。中でも細もずくは繊維が細いためその管理に多大な労力が必要になります。

占部水産では沖縄の生産者によって収穫されたもずくを再度洗浄、選別を行い、主に加工品として出荷しています。

・卸事業

広島かきと沖縄もずくを全国のスーパーや外食レストランへ届けています。その際、消費者が食べやすいように様々な形状が生まれています。生食用や加熱用、むき身や殻付き、冷凍かきにスチームかきといったバリエーションがあります。沖縄もずくについても同様に、定番となる味付きもずくも多数の種類があり、ヘルシーなとろろぶっかけもずくやもずくスープといった商品も誕生しています。

・小売事業

近年占部水産ではオンラインショップを通じて小売事業にも力を入れています。美味しい大粒かきを一般消費者がメーカー直販で購入することができます。年々その需要は高まっており、占部水産でも思いもよらない時期にかきの需要につながるなど、先行きが楽しみになる動きが多くなってきているようです。

占部水産の業務内容

今回は募集対象である工場での業務についてご説明します。

・仕入れ

広島かきや沖縄もずくは生産者よりから福山の工場に原料として届けられます。天候や時期によって品質と量が変わってきますので、その時々で臨機応変な対応が求められます。

・生産管理

仕入れの量が毎日同じではないことと、出荷先となるクライアントとの取引内容も把握しながら、商品の生産量を計算し、無駄がないよう管理していきます。

・工程管理

工場内は洗浄や加工に必要な様々なフローがありますが、当然ながらそこには沢山の人手を借りて行っています。ですので、人員や配置、スピードといったそれぞれの業務管理も求められます。

・新商品開発

工場内業務とは直接関係ではありませんが、牡蠣ともずくを使った新商品の開発にアイデア出しも必要です。この商品が作れるならこんな商品も? 市場にはないこんな商品があればもっと喜ばれるのでは?と、そういったアイデアも、工場内の一連業務の中から派生する仕事の1つです。

1年目から3年目までのイメージ

・1年目

まずは全体の把握から始まります。どこからどのように、どんな量が工場に届けられ、工場内での一連の加工業務を経てどんなタイミングで出荷となるのか。1年を通じて現場作業に携わりながら理解を深めていく期間です。

・2年目

まだまだイレギュラーな出来事の経験などは浅いと思いますが、工場内業務への理解度と共に、部分的に任されてくることが増えてくる頃です。仕入れのやり取り、クライアントとの事務、スタッフのシフト管理といった業務経験を重ねることになります。

・3年目~

3年目で全てを任されることはまだ無いと思いますが、工場の生産管理というのは、今の状態を保持することが目的ではありません。より良くするためにはどうすれば良いかを考えて実行することが今回の募集で実現したいテーマになります。今までの占部水産には無かったポジションですので、これまでの生産状況から変化していかないと意味がありません。どうすれば生産量や品質が向上するのか、そのために必要なことは何かに気づいていく必要があります。

占部水産が求める人物像

工場の生産管理ということで、占部水産がイメージする人材は物事を効率的に進めようとする、スピード感のある方になります。といっても、人を急かすのは限界があります。そうではなく仕組みを考える、問題に気づく、現実的な解決策を見出すといった、問題意識を持ち続けられる人物像がマッチします。

また、黙々とした作業ではなく、様々な部署との連携拠点になるため、人と人とをつなぐコミュニケーションも求められます。みんなが商品に対して向き合っていくためのマッチングも役回りの1つです。

私があなたをサポートします。

・常務取締役 占部 拓志さん

はじめまして。占部水産の占部と申します。生まれた頃から当社が身近な存在の中で育ち、今こうして事業に携わって気付かされることは、先代や社長が築き上げたお客様との信頼関係です。それを守り発展していくにあたり、私はこれから経営の中心に立って精進していくにあたり、根幹である工場の生産能力向上は必要不可欠な業務だと感じています。

当社商品は客観的に見ても品質の面で他社に劣らないものと自負しておりますし、広島かきを主軸とした数々の商品がより多くの方に喜んでいただきたいと願っています。

その結果、当社が発展することで、働いてくれているみんなを大切に守り続けていくことができる。そういう気概を持って取り組んでいます。この実現に際して、私が課題としていることは当社工場の管理責任者の育成です。現在大きな問題を抱えているからではありません。広島かきの需要の幅が広がりつつある中で、当社工場も時代と共に変化や成長を伴う必要があると考えているからです。

そのためにも、今までの管理体制のままではなく、専属として当社の根幹を担う人材を育てていくことで品質も生産能力も上がり、これまでのお客様もこれからのお客様にも喜ばれる存在になっていきたいのです。

私もあなたのサポート役の1人として、共に歩み、共に育ち、共に笑い合えるような存在になっていくことをお約束します。

占部水産のビジョン

占部水産のモットーは「安全・安心のシーフードで笑顔と美味しさを届けること」です。広島かきと沖縄もずくの二本柱ではありますが、ビジョンでは広島かきに触れたいと思います。

占部水産では国内需要での期待に応え続けてきていますが、今後は海外への展開も見据えています。実はすでに一部海外への出荷も始まっており、様子を見ながら生産管理をしているところです。今後は海外の展示会へ出展し、品質を担保できる箇所への開拓も始めていきたいそうです。

また、広島かきを使った商品開発についても力を入れることで新しい販路開拓も可能となるので、自社商品の可能性を高める研究にも余力を割いていかれるとのことです。

どうしても自然のものなので供給が計算できない部分もありますが、占部水産の品質基準で考えると、海外展開の可能性には勝算が見込めているように思います。特に、オイスターバーなどの外食産業で広島かきが主役になれる機会も多いでしょうし、そこで提供されている一般的な牡蠣と広島かきでは質の違いがはっきりと伝わる自信も感じます。

国内のブランディングが仕上がっているので裏付けも作りやすく、後はどのように海外の需要に合わせた企画や販路を作っていくかという、”やるだけ”という印象を持ちました。

ですが、占部水産がそれらを実行をするためには管理の長を育て、今以上の品質向上と安定を目指し、需要に合わせた企画商品にも着手しなければならないなど、前に進んでいくための人材を要するタイミングです。

常務の占部さんは、私から見ても状況を冷静に分析しながらストレートに物事を進めていく方だと思うので、仕事をしていく上での正しい判断に長けています。楽しくチャレンジしていく方に恵まれれば、きっと良い相性になるのではと勝手に思っています。

これまで50年以上かけて積み重ねてきた信頼を土台に。いくつものチャレンジができる機会が占部水産にはありますので、あなたの力を注いでみませんか?

株式会社占部水産 募集要項の詳細

募集職種 食品製造管理者
雇用形態 正社員(パート・アルバイトも募集中)
給与 ・基本給(月額平均)又は時間額193,000円~260,000円

・その他の手当等付記事項皆勤手当 10,000円扶養手当(配)5,000円 (子)3,000円/人役職手当

賞与:あり 前年度実績/年2回又は30万円~100万円

福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険 財形退職金共済:加入
仕事内容 広島かきと沖縄もずくの食品加工・製造・販売業務
勤務地 〒721-0953 広島県福山市一文字町20-16
勤務時間 8:30~17:30
休日休暇 日祝他 その他自社カレンダーによる・東京中央卸売市場に合わせてあります。(水曜日休みが多いです)年末年始休暇(12/31~1/4)
応募資格 普通自動車免許(AT限定不可)
選考基準 問題解決にともに取り組める方
募集期間 特になし
採用予定人数 若干名
選考プロセス 面接の上で合否を郵送にてご連絡します。まずはご応募ください。
URL 占部水産株式会社広島かきと沖縄もずく通販
採用担当 占部水産株式会社(採用担当: TEL:084-954-2420)

last up date: 2018.06.08

この求人情報をシェアする

-->